イチオシ記事

突然ですがダイエットに挑戦した事はありますか?

ダイエットに何度も挑戦したけど最終的には失敗してしまう人も多いですよね。

ダイエットがいつも失敗してしまう人は、運動が苦手、肉ばかり食べている、ご飯を早食いしてしまうなど様々な特徴があります。

今回は、これからダイエットをする予定の人や過去に失敗してしまったけどもう一度ダイエットにしたいと思っている人向けにダイエットが失敗してしまう人の特徴について詳しく紹介したいと思います。

ダイエットをする予定がない方は、豆知識として知っておくと役に立つ時がくるかもしれません。

これから紹介する内容について詳しい人は改めて確認するつもりで読んでみて下さい。

ダイエットが失敗してしまう人の特徴

運動するのが苦手でまったくしていない

ダイエットをする時にまず食事制限をする人が多いと思います。

食事制限をするだけでも多少痩せたりしますが、運動していなければなかなか痩せる事が難しいです。

ダイエットのために朝早く起きてランニングをしたりする時間がない方は、スーパーなど車で行かずに歩いていく、エレベーターやエスカレーターを使わないで歩くなど日常生活で身体を動かさなければならない状況にするだけでもダイエット効果があります。

糖質が多く含まれているものを食べている

糖質が多く含まれているのは、ご飯、パン、パスタなどです。

ダイエットの妨げになるのは、主に糖質といわれています。

理由は、糖質が含まれている食べ物を食べると余分な糖が脂肪に変わってしまうからです。

ダイエット中にご飯やパンを食べたい時は、パンを全粒粉に変えたり、ご飯を玄米に変えるのがおすすめです。

ダイエットができない言い訳をつくる

どのくらい痩せたいかにもよりますが、基本的にダイエットは、数日で成功する事はありません。

長期間ダイエットをしていると食事制限をしていても、運動をしていても体重が変わらない事があります。

そういった事がきっかけでダイエットに対するモチベーションが下がってしまう人もいます。

仕事が忙しいから運動するのは明日にしよう、今日は、仕事を頑張ったから食事制限せずに好きな物を食べようとダイエットをしない言い訳をつくる人はダイエットが失敗してしまう事が多いです。

お菓子や菓子パンを食事の代わりにしている

基本的にダイエット中は、お菓子や菓子パンなどをできるだけ食べないようにする必要があります。

ご飯とお菓子を両方食べると太ってしまうけれどご飯のかわりにお菓子を食べたら太らないかもしれないと思う人もいます。

ダイエット中にご飯を食べずにお菓子や菓子パンを食べていても、糖質や脂質をとりすぎてしまうため、脂肪がつきやすくなります。

そのため、お菓子や菓子パンをご飯のかわりにせず、しっかりと栄養バランスが考えられている食事をとるようにするのがおすすめです。

ご飯を食べずに肉ばかり食べている

ダイエットが失敗しないように糖質がたくさん含まれているご飯を食べないという人も多いかと思います。

糖質制限をして肉をたくさん食べる人がいますが、糖質を制限していても、摂取しているカロリーが多いと痩せる事はできません。

肉ばかり食べていると腸内環境も悪くなってしまう事があるので注意が必要です。

ご飯を早食いしてしまう

ダイエットは、食事制限をしたり、運動したりすると良いですが、早食いしてしまうと満腹中枢が刺激されないため、お腹が空きやすくなります。

ゆっくり食べる事でよく噛んで食べるようになるため、満腹中枢が刺激されて食事の量を減らしてもお腹いっぱいになりやすいです。

食物繊維が足りない

痩せたいと強く思い、野菜も食べないという人がいます。

 食物繊維がたくさん含まれているものを食べる事で余分な脂肪を減らしたりする働きがあります。

食物繊維が足りなくなると腸内環境が悪くなり、便秘になってしまったり、脂肪を溜め込みやすい体質になってしまいます。

ごぼう、オクラ、かぼちゃなどを食べて食物繊維をたくさんとるようにするのがおすすめです。

摂取カロリーばかりを気にしている

基本的に太ってしまう原因は、消費しているカロリーよりも摂取カロリーの方が多いからです。

しかし、カロリーを減らしただけでは、痩せる事は難しいです。

カロリーを気にしすぎると栄養バランスが偏り、血糖値が急に上がったり、筋肉が落ちやすくなったり、代謝が悪くなります。

糖質が中心になりやすい食事に食物繊維、たんぱく質など多くとれるようなおかずをプラスすると良いです。

ゼロカロリー系の飲み物や食べ物は、人工甘味料の甘味が原因でより糖分が欲しくなるので注意が必要です。

不規則な生活をしている

仕事などが忙しいと食事の時間がバラバラになったり、寝る時間が遅くなったりします。

1日1食しか食べない生活を送っていると太りやすくなります。

できるだけ太らないようにするためにも1日3食しっかりと食べる事をおすすめします。

夜ご飯を多めに食べている

夜ご飯をたくさん食べてしまうと太りやすいと言われています。

昼と夜に同じものを食べた場合、夜に食べた方が代謝が悪く、動かないため脂肪がつきやすいです。

脂肪肝などになりやすい人は、不規則な生活をしていたり、夜ご飯を多めに食べている事が多いです。

夜ご飯をあまり食べないようにする事がダイエットが成功しやすくなる1つのコツです。

ストレスがたくさん溜まっている

ストレスとダイエットって関係あるの?と思うかもしれませんが、ストレスが溜まると代謝の調整機能が正常ではなくなり、肥満や糖尿病になりやすいと言われています。

できるだけストレスを溜めないように好きな匂いのアロマで癒されてみたり、音楽を聞いたり、映画鑑賞したり趣味に没頭する時間をつくると良いです。

上記のような趣味は、食べるという事から気をそらしてくれるのでダイエットが成功しやすくなります。

プロテインを飲んだら痩せると思っている

運動した後に飲む事が多いプロテインを毎日運動せずに飲んだら痩せると思っている人がいます。

残念ながら、プロテインだけを飲んでも痩せる事はできません。

プロテインには、たくさんのたんぱく質が含まれているのでカロリーのとりすぎで逆に太ってしまいます。

あくまでもプロテインは、補助食品なので運動もしながら飲むのがおすすめです。

飲んだだけで痩せるというキャッチコピーでサプリメントなどが売られていたりしますが騙されないように注意が必要です。

マッサージも一時的に痩せたように見えるだけで時間が経てば元に戻ってしまう事がほとんどです。

上記のように一時的ではなく痩せた状態をキープするには運動したり、食事制限したりするのがおすすめです。

紹介した内容を参考にしてダイエットを成功させよう

今回は、ダイエットが失敗してしまう人の特徴について詳しく紹介しました。

これからダイエットをする予定の人や過去に失敗してしまったけどもう一度ダイエットにしたいと思っている人は、参考になる内容が多かったのではないでしょうか。

事前にダイエットが失敗してしまう人の特徴を知っておく事でダイエットが失敗するリスクが減ります。

長くダイエットを続けるには、短期目標を決めたり、自分にむいている方法でダイエットすると良いです。

紹介した内容を参考にしてダイエットにチャレンジしてみて下さい。

おすすめの記事