イチオシ記事

突然ですが、ダイエットをしてリバウンドをしてしまった経験はありますか?

ダイエットが終わって食事制限をしなくなるといつもより食べるようになってしまい、リバウンドしてしまう人が多いですよね。

リバウンドしないために心がける事は、体重が減らなくてもダイエットをやめない事などです。

以前、ダイエット中にお腹が空いて辛い時の乗り越え方を紹介しましたが、ダイエットが成功して今度こそは、リバウンドしないようにしたいという人向けにリバウンドをしないために心がけることを紹介したいと思います。

紹介する内容について詳しい人は、改めて確認するつもりで読んでみてください。

ダイエットをする予定がない人も今後ダイエットをする事があるかもしれませんので、読んでおく事をおすすめします。

まずは、リバウンドとは何なのか詳しくみていきましょう。

リバウンドとは?

リバウンドとは、ダイエットをした後にダイエットをする前の体重に戻ってしまう、ダイエットする前よりも体重が増えてしまう事です。

体重が減らない時期にリバウンドをする事が多く、ダイエットをした半分以上の人が過去にリバウンドした経験があるそうです。

リバウンドをしないために心がけること

体重が減らなくてもダイエットを続ける

ダイエットをしていると一定期間体重が減らない事があります。

体重が減らない時期にダイエットをやめてしまう事でリバウンドしてしまう可能性が高いです。

体重が減らない時期をダイエットをした事がある人なら1度は経験しており、身体の正常な反応です。

そのため諦めずにダイエットを継続する事をおすすめします。

しかし、痩せたい気持ちが強すぎて過度な食事制限をしたり、激しい運動をしたりしない方が良いです。

上記のような事を繰り返していると痩せにくくなる可能性が高いです。

運動して筋トレをする

食事制限だけで体重を減らしてしまうと筋肉量が減って代謝が悪くなってしまいます。

そうする事でダイエットが終わった後、リバウンドをしてしまう事があります。

そうならないためにも、適度に運動をして筋肉をつけて、リバウンドしにくい身体をつくると良いです。

体重を減らしたい場合は、ウォーキングや水泳などの有酸素運動がおすすめです。

筋肉量を増やしたい場合は、筋トレをする時に背中や太ももなどの筋肉を鍛えると代謝が上がりやすくなるため、リバウンド防止に役立ちます。

栄養バランスを考えた食事をする

リバウンドを防ぐためには、過度な食事制限をやめて栄養バランスが整っている食事をする事をおすすめします。

まず、脂肪になりやすい炭水化物、脂質を多く含む食べ物を少しずつ減らしていきます。ミネラルやビタミンがたくさん含まれている野菜、筋肉の材料と言われているたんぱく質も、必ず食事に取り入れると良いです。

摂取カロリーが消費カロリーよりも多くなければ、体重が増えたりする心配はありません。

健康的に痩せながらリバウンドをしないように頑張りましょう。

長期間ダイエットをして体重を減らす

急激に自分の体重を減らすと、リバウンドしやすい時期になってしまいます。

身体の防御反応をできるだけ抑えるためには、とにかくゆっくりダイエットをするのがおすすめです。

毎月、体重を減らすために目標は、体重の5%以内で決めると良いです。

体重の減り方が遅いと焦りたくなるかもしれませんが、リバウンドをくり返せばダイエットに必要な時間は、自然と長くなりますので注意が必要です。

朝食をしっかり食べる

朝食は1日の代謝を上げるために必要不可欠です。

朝は、睡眠中に下がっていた代謝のスイッチを入れる事ができるタイミングです。

朝食を食べると体温が上がり、じっとしていてもエネルギーを消費したりする基礎代謝が上がります。

体温が1℃上がると基礎代謝は約13%増えて、1日で150kcal消費できるようになります。

朝食を食べない人の肥満率は、食べている人の5倍と言われています。

糖質をしっかりとる

生きていく上で糖質は必ず必要です。

必要な糖質は、次回の食事までにほどよくお腹が空くかどうかです。

食事の目的は、生活に必要なエネルギーを補給する事です。

筋肉をくずさず、仕事への集中力も途切れさせないようにして、次回の食事までに使い切る糖質の適量は、次回の食事前にある程度、空腹感があるかどうかで決める事ができます。

活動量が多く代謝も活発な日中に欠かせない朝食や昼食はしっかりと食べて夕食は、軽く食べる程度にすると良いです。

空腹と満腹の差をあまりつけない

太りやすい人は、気持ち悪くなるまで食べたり、その後の食事を抜いたりします。

満腹なのにお菓子を食べたりして、空腹な時と満腹な時の差がありすぎます。

我慢をたくさんしても最終的に限界がきたら、リバウンドしてしまう原因になってしまいます。

次回の食事までに多少お腹が空く食事量にすると良いです。

失敗しても許す

ダイエット中も成功した後も食べすぎてしまったり運動をサボったりしてしまったという失敗はよくある事です。

1度くらい失敗したとしてもそれまで頑張ってきたダイエットは、無駄にはなりません。

失敗をたくさんしてしまうとリバウンドしてしまいますが、落ち込んだり、ストレスが溜まると余計にたくさん食べてしまってまたダイエットするのが辛くなるので、失敗しても自分を許してあげるようにしましょう。

ダイエット中やダイエット後も気になるのが体重かと思います。

毎日体重を計測しているため、昨日は、200g減ったけど今日は、300g増えてるという感じで気にしている人もいます。

体重を毎日計測するのは大切ですが、お風呂の前後、トイレに行く前後でも100gから200gくらい体重が変わります。

ご飯を食べたり水分を飲んだ後は、その分体重も増えていますので、体重の多少の変動は気にしないようにしましょう。

気にしなければならないのは、1週間、1ヶ月などの期間で体重がしっかりと減っているかどうかです。

リバウンドしない食事の戻し方とは?

ダイエット後は、1ヶ月くらいかけて元の食事に戻します。

1ヶ月間の食事の内容について詳しく紹介します。

2週間の食事

ダイエット中にパンやお米など食べていなかった人は、朝か昼にパンやお米を食べるようにします。

状況によってたんぱく質や野菜の量を増やすと良いです。

3週間経った時の食事

炭水化物も食べながら少しづつ食事の量を増やしていきます。

ダイエット中にパンやお米など食べていなかった人は、朝か昼にパンやお米を食べるようにします。

4週間経った後の食事

体重が増えたりしていない場合は、夜にパンやお米を食べてみます。

状況によって食事の量を増やしていきます。

毎日、体重のチェックは忘れないようにしましょう。

元の体重に戻らず安定してきたらリバウンドの心配はあまりありません。

まとめ

以前、ダイエット中にお腹が空いて辛い時の乗り越え方を紹介しましたが、ダイエットが成功して今度こそは、リバウンドしないようにしたいという人向けにリバウンドをしないために心がけることを紹介しました。

リバウンドをしないために心がけることを知りたかった人には参考になる内容が多かったのではないでしょうか。

ダイエットが成功してもリバウンドをしないように意識しながら生活しましょう。

おすすめの記事